キャッシングやカードローンの審査基準まとめ

キャッシングやカードローンの審査基準を体験をまじえてまとめてみました。

キャッシングやカードローンの審査基準で気付いた事

OOK99_facebookiine20131223_TP_V.jpg          キャッシングやカードローンを提供している会社は消費者金融、銀行、農協や労金等様々です。



         銀行は昔こそカードローンと言えば審査基準が厳しい事で知られていましたが、最近では大手消費者金融と提携する銀行も増えており、以前よりは柔軟になったと言えます。

しかし、銀行の審査を通す上で一番大きな壁は、何と言っても保証会社の存在です、担保、保証人不要のカードローンには必ずと言って良いほど保証会社がついてきます、その審査が通れば書類、信用情報に問題なければほぼ大丈夫と言えるでしょう、ちなみに農協や労金については組合員であると審査基準も優遇してくれる措置があるそうです。



消費者金融については、規模にもよりますが、アコム、プロミス、レイクと言った大手消費者金融は、銀行の傘下に入り、消費者金融のノウハウを銀行に提供している関係からか、以前よりは審査基準が上がったと思われます、反面、ネットの口コミ等で評判の中小の消費者金融については審査について柔軟で、大手と比較すると利息は高めにはなりますが積極的に融資してくれる傾向にあるようです。

審査が不安でもどうしてもお金が必要なときはあります。
アコム無人機でその日のうちに借りる!
(⇒ http://www.sydneydemocracyinitiative.net/


審査の早さについては、今はパソコンやスマホの普及もあり、以前よりは迅速な対応が可能な時代となりました。
 

キャッシング審査、スコアリングをあげる方法を厳選


キャッシングの審査でスコアリングシステムというのを使われている事はご存知ですか。このスコアリングシステム、簡単にあげる事は出来るんですが、下手な嘘はバレてしまいます。

キャッシングのスコアリングをあげる方法を厳選してお教えします。



1.固定電話をつける

固定電話は携帯電話だけの人よりもポイントが多く割り振られます。携帯電話しか持っていない人は、固定電話を引いてポイントをあげるといいでしょう。



2.独身であると偽る

これは銀行ローンだけに出来る裏技ですが、銀行ローンは収入証明は300万円以下では求められない時があります。

収入証明をみれば、独身であるか、既婚子持ちであるかは税金の引かれ方からわかりますが、収入証明がなければバレてることは無いはずです。



3.勤続年数を長く偽る

あらゆる審査の中で、勤続年数程調査しにくい項目はありません。

年金手帳でも確認しなければ正確なものは出せませんし、年金手帳は総務部に所持されていますから、まず調査は自己申告になってしまいます。会社に電話して、出た人に『〇〇さんは勤続年数何年ですか?』と聞いて教えてくれる訳ありませんしね。



ただし、偽るのは最後の手段にして下さい。

偽った事がバレるとマークされてしまきますので、最後の最後の手段と思っておきましょう。
 

覚えておきたい総量規制対象外と例外

総量規制近くまで借りてしまいますと、中々貸金業者からの借入は出来ませんね。そんな時には総量規制の対象外や例外を利用すれば活路が開ける可能性はあります。覚えておいて損は無い総量規制の対象外と例外をご紹介します。



1.銀行ローンは総量規制の対象外

基本的な事ですが銀行ローンは銀行行法が適用されますので、総量規制の対象外になります。消費者金融とクレジットカードのキャッシングは貸金業法が適用されるので、年収の3分の1という規制と、その後の与信管理の徹底など色々な規制が課せられています。

貸金業者が貸してくれない時は銀行ローンをあたるのが1つの手法です。ただし、審査を申込む銀行ローンは厳選してください。というのも、保証会社は大手消費者金融が担っている事によりあなたの申込とバッティングしたり、銀行ローン自体審査が厳しかったりします。審査はネットで甘いと言われる、カード会社を保証会社に使っている業者にしましょう。



2.医療費は対象の例外

医療費は総量規制の対象の例外に該当します。もし、病院代とかで借入が必要になった場合は、その旨を担当者に伝えると審査が通過するかもしれません。



いかがでしたか。この他にも消費者金融のおまとめローンは総量規制の例外に該当しますが、他の使途に流用すると一発でばれて回収に図られますのでお勧めできません。上手く総量規制の対象外、例外を利用して、審査を切り抜けてください。